なんといつもの河原にタディ岡田と清成龍一が!

いつもの河原に行って、いつものようにほのぼのとオフロード遊びを楽しんでいたわけです。

いつものようにIAの小方誠選手も練習に来ていたのですが、今日はお連れさんがいるようで・・・。

「なんかGP500乗ってた人が来てるみたいなんだけど・・・」とお仲間が教えてくれたので、よくよく見るとなんとタディ岡田(岡田忠之)氏が!

そしてウチのハイエースの隣に車を止めて、バイク降ろして着替え始めた坊主頭は誰?

わぉっ?清成???

去年BSBで3度目のチャンピオンを獲り、8耐も優勝を果たした清成龍一選手ではないですか!

お仲間とCRF100FとCRF80FとXR100を持ち込んでオフロードトレーニング。

こんな機会はめったにないし、思い出に(親の)ということで、
お願いして、子どもたちと一緒に3周の模擬レースに参加してもらうことに!!

お約束?のスタート出遅れ。
(赤いコート着て携帯で撮影しながら笑っているのがタディ)

しかし、あっという間にみんなを抜き去り(トップの子の転倒もあって)ぶっちぎり。

リアタイヤはロードタイヤなのに・・・!

MXな子どもたちは、彼らのすごさがイマイチわかってなかったような・・・。大人たちは大興奮。

最後に記念撮影もしてもらいました。

タディ&ドラゴン、ありがとうございました。また来てね〜。

清成といえば、やっぱりこれでしょう。

2008年のSBKドニントンパーク、雨のスーパーポール。


5 Replies to “なんといつもの河原にタディ岡田と清成龍一が!”

  1. いや~ホントスゲ~~家のキャメル岡田さんに肩に手回してもらってるじゃん。
    清成選手の動画かりま~~す!

  2. ロードレースにうとい僕は、恥ずかしながら清成選手と聞いても?で、あとで検索してすげー選手だったんだと分かりました。でも、この雨のドニントンの映像は覚えてます!こんな人といっしょに走ったなんてすごいですね=。

  3. オカミさん>
    猿ってスゴイ!なんでもない河原なのに。
    貴重な体験ですよね〜。いい思い出です。

  4. カトさん>
    サーキットで出会うよりずっと身近だし、いい体験ができましたよね〜。
    子どもたちわかってるんですかねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。