ローソンのガソリンスタンドで給油

多摩ニュータウン通りを走っていて、「何?」と思ってしまいました。

ガソリンスタンドとコンビニという組み合わせはこれまでもありましたが、スタンドのブランド看板も「ローソン」。
こんなの全然知らなかった。

すっごく気になったので給油してきました。

・・・普通のセルフのスタンドです。ガソリンは昭和シェルのものだそうです。


2ヶ月ぶりにKX65が出動したが・・・

リムにスポークを取付ける

リムを交換することになってしまい、スポークなどのカワサキ純正部品は、インターナショナルトレーディングムラシマさんで手配して中一日で手元に来ていましたが、リムを手に入れるのにちょっと時間がかかったので、約2ヶ月半ぶりの河原走行です。

息子にとって久しぶりのうえ、金曜の嵐のような雨のあとなので、コースは大きな水たまりもあるコンディション。
無理せずに少しずつ思い出すように、と言って走らせました。

オレンジ色だって悪くない。
このあと再び災難が・・・

少しカンを取り戻しつつあったのですが、最後の最後、子猿仲間のU樹くんを追いかけていてストレートで振られて、もんどりうって転倒!!

ちょっと派手にいったので(頭から水たまりに突っ込んだ?)、放心状態?でしたが、本人にたいした怪我はなし。

しかしバイクが・・・フロントのブレーキラインが曲がってフルードがちゅーっと・・・。

ということで、またまた頭を悩ませるお父ちゃんなのでした。


KX65のリムを買うことになったのは…

今年の始めから、息子がKX65に乗ることになったのですが、ふとある時、リアのホイールのスポークが固着して調整できない、ちょっとスポークが緩み気味、リムのスポーク穴が一部広がってきてる、ということに気付きました。

気付いてはいたんです。
でも、ついついそのまま乗らせてしまってたんですね。

そしたら先月、いつもの河原に行ってバイクを降ろそうとしたら、リアホイールがグラグラです。完全にスポークが伸びきってリムを支えられなくなってます。

ごめん、息子よ・・・今日は乗れない・・・。

ちゃんと手を打たなかった自責の念にかられながら、部品の手配です。

フトコロ事情からすると、まずスポークは純正品という選択肢しかなさそうです。

カワサキ純正部品を検索してみると、
・スポーク125.5mm×167mm @179円×28本 = 5,012円
・ニップル 5mm @74×28個 = 2,074円
うーん、けっこうするな。

そしてリムも・・・。

あーぁ、こんなんなっちゃいました。。。

スポーク穴がだるまさんになってしまってるところがあるんで、この際交換する決心をしました。

さっそくお仲間がお知り合いに聞いてくれたり、ヤフオクやセカイモンでリサーチしてくれました。感謝です。

1.60×12 の純正はリムは、19,425円。
Excel製は、17,850円。
ちなみに純正RホイールAss’yは、36,855円。

ヤフオクにもワケあり品が出品されてますが、様子を見ていたら予算を遥かに越えていきそう・・・

ということで、セカイモンでPro-Wheelのリムを手に入れることになったのでした。


アメリカからパーツを買う:セカイモンでKX65のリムを落札

アメリカからバイクパーツを買ってみました。
バイク屋さんのお手伝いをしているけれど、ネットの仕事もしているわけで、いろいろ体験学習も必要です。

セカイモンというサービスがあります。eBayというアメリカ最大のネットオークションの公認サービスで、日本語で商品検索とか入札とかの画面操作ができるだけでなく、商品をアメリカ国内で受け取り、商品のチェックののち、日本に格安の送料で配送してくれるサービスなのです。

オフロード用品、部品というのは、アメリカ特に西海岸あたりには豊富に商品があって、値段も安いんですね。

さらに処分品のようなものだと、オークションで破格の値段で落札できてしまいます。

今回、探していたのはKX65用のリム or ホイール。

日本ではタマ数がなくて、中古品や処分品はまず見つかりません。新品を買うしかない。

そこはアメリカ、eBay。「KX65 リム」と検索するとずらーっと商品が並びます。

タイヤまで付いた中古ホイールが99ドル!
そして、Pro-Wheelのオレンジ色の新品リムがなんと即決15ドル!

どうしようかちょっと悩んだけれど、かっこよさに魅かれてオレンジリムを落札。

商品が15ドル、セカイモン手数料が15%で2.25ドル、アメリカ国内送料が15ドル、計32.25ドル(2,692円)。
これが一次決済でPayPalで支払い。あとは送料。これは商品到着時払い。

ここからはセカイモンのアメリカ国内(ロサンゼルス)の配送センターへの到着待ちです。

待つこと2週間あまり。
やっとセンターから日本に向けて発送した旨のメールが。
(アメリカでは商品の発送〜国内輸送はこのくらいかかるのが普通らしい)

その2日後、成田通関のお知らせと送料他のお知らせメール。
そして翌日、落札から3週間で手元に到着!

リムのみだったので、総重量わずか1.6kg(リム本体0.8kg、中箱+梱包材o.4kg、外箱0.4kg)で、送料2,161円(関税なし。ヤマト運輸に代引きで支払い)。
締めて4,853円のお買い物でした。

ハブやディスク、タイヤまで付いていると相当重量が行くので、送料が果たしてどれほどになっていたか・・・。(5,000〜6,000円くらいか)

*

ちなみに、1年前にもFOXのキッズジャージとモトパンを落札しましたが、この時は、商品と手数料が5,473円、送料が1,829円の計7,302円でした。

他に、河原のお仲間BTOスポーツで通販。こちらは驚きのアメリカから3日で届いたようです。

*

こうやって、欲しいもの・安いものをネットを使って手に入れることができてしまうんですね。
時代の変化に対応していかないと。


初めて気に入った冬物グローブ

かれこれ30年になろうかというバイク人生ですけど、これまで冬用のグローブで気に入った物って全くなかったのです。

厚手の物はゴワゴワで、操作はしづらい。長く乗れば熱は奪われ、指先はかじかんで(これは冬である以上仕方ないけど…)、ゴワゴワとカチカチでますます操作性は低下。。。

雨用にしても、専用のグローブを用意してはいなくて、グローブカバーで対応してたけど、これまた操作性が・・・。
少々の雨なら行っちゃえ、で、気がつけばグッチョリ濡れて、冬ならこれまた泣きたいくらい指は凍える。

こんなのが長年自分の持っていた冬用雨用グローブのイメージでした。
(なのでいいものを探そうという気もなく、冬はひたすら我慢して乗る。または乗らない。昨冬などは、暖冬っていうのもあったけど、ナックルガードを風よけに薄手のグローブで通してしまったほど。)

で、今年。

バイクホーントウープスさんに勧められて、ウエットスーツ素材がどうのこうのというので、冬用というより雨用というつもりで買ったのが、ヤマハY’s GEARのYAG12というグローブ。分厚くはなく操作性も許容範囲内。

そして何が決め手になったか。

3,780円という値段(笑)。
(高級な素材を使った高価なものはそもそも買う気にならないのだ。)

先日、結構な雨の中、1時間以上走ったけれど、表面は雨が染みてビショビショだけど、中には染みてこなくて指はちっとも濡れない。
気温も結構低かったけど、かじかむこともなく、むしろ暖かいままでした。

これにはちょっと衝撃でした。

「このグローブで雪合戦をやってみたい・・・」これが素直な感想です。

気に入っちゃいました。

“初めて気に入った冬物グローブ”の続きを読む